短答式

憲法・行政法判例をスピーディーにマスターするなら、この書籍!

更新日:

予備試験の出題科目のうち、憲法と行政法(公法系科目)では、重要判例の知識が必須です。

判例知識だけで得点になることも

特に短答式試験では、事例の概要と結論(判旨)を知っているだけで得点になるケースも少なくありません(もちろん論文試験対策では事例を少しづつ変えるトレーニングも大切です)。

この公法系の重要判例をマスターするには、判例百選がおススメである点は言うまでもないでしょう。もっとも収録数が多く、時間に限りがある直前期ともなれば、アイテムを変えることも検討すべきです。

おすすめ書籍

判例をスピーディーにマスターするなら「判例まんが本」

時間にない受験生の方にお勧めなのが、辰巳法律研究所の「判例まんが本」です。2017年4月現在、9冊が発売されています。

4コマ漫画で事例が把握できるようになっています。そして判旨と、理解を深めるコメントもあり、楽しみながら重要判例のマスターが可能だと思います。


法律入門判例まんが本4 憲法の判例100

デメリットは?

デメリットとしては、収録数が1冊あたり100前後と少ない点でしょうか。もっとも1冊をマスターしたら、次の判例集に手を付けるか、あるいは判例百選にステップアップされると良いでしょう。

-短答式

error: Content is protected !!

Copyright© 予備試験おすすめ講座!口コミと評判まとめ , 2019 All Rights Reserved.