予備試験

予備試験の膨大な知識量、そのベストの対策は?記憶術?速読術?

更新日:

予備試験では重要事項の記憶が大切です。しかしその学習量は膨大であり、「記憶力試験」と言っても過言ではありません。

パソコン
予備試験は忙しい社会人でも合格ができる?

予備試験は法曹へのファーストステップです。法曹になるには、 予備試験の合格 司法試験の合格 司法修習の修了(2回試験) この3つのハードルをクリアしないといけません。 目次1 予備試験の合格は難しい? ...

続きを見る

また司法試験予備試験などの法律系資格は言うまでもなく、公認会計士試験では論文式試験が出題されます。このような論文式試験では記憶だけで対応できるものではありませんが、解答の基礎となる重要事項については、記憶力が大切なことは言うまでもありません。

この記憶力ですが、技術である程度カバーできます。その方法とは「速読術」です。

「記憶術なら分かるけど、速読術?」

そんな声も聞こえてきそうです。しかしこれには理由があります。

早く読むから記憶に残ります。速読術は飛ばし読みではなく、内容理解の精度を保ったままで対象物の理解を目指します。

したがって集中して読むことにより、副次的に記憶として残りやすいわけです。

お勧めの速読講座は?

速読講座として通学講座の利用が考えられますが、自宅でも効率良く速読術のトレーニングができるのが、「ユーキャンの速読通信講座」です。

ユーキャンならではの分かりやすいテキスト添削など続けやすい学習環境など、お勧めの点が多くあります。リンク先でユーキャンの速読講座のシステムについて参考にされると良いでしょう。
(リンク)ユーキャンの速読通信講座【分割払い】

ユーキャンの速読通信講座、口コミと評判は?

とはいうものの、ユーキャンの速読講座がどのような感じなのか?不安に感じる受験生の方も多いと思います。今後、口コミと評判に関する記事を紹介したいと思います。

-予備試験

error: Content is protected !!

Copyright© 予備試験おすすめ講座!口コミと評判まとめ , 2019 All Rights Reserved.